旅行に行く時は愛犬をペットホテルや実家に預けていますか

旅行に行く時は愛犬をペットホテルや実家に預けていますか?注意点をご紹介

  • 2021年8月10日
  • 知識
  • 16view
犬のホテルや託児所

コロナが落ち着いたら、行きたくても行けなかった所に旅行する人が増えると思います。そんな時に待ったをかけるのが愛犬をどうしようかという問題。「一緒に連れていく?」それとも「友達に預ける?」このような悩みを多く見かけます。

そこで旅行に行くとき犬をどうすればいいか迷っている人向けに、知っておいて欲しい情報を紹介します。

具体的に以下の3点です。

  • 一緒に連れていける宿
  • 託児所
  • 親族や友達に預ける

の順番に解説していきます。これから旅行に行こうと考えている人は要チェックです。


犬と一緒に泊まれる宿

犬と泊まれる宿

犬と一緒に泊まれる宿が全国にあることを知っていましたか?私もこの記事を書く前に初めて知りました!「犬 泊まれる 宿」などと調べるだけで大手旅行代理店がたくさん紹介していました。

予約をする際に注意するポイント

予約をする際にまず見て欲しい部分は、小型犬・中型犬・大型犬など大きさによって制限があるかどうかです。公式サイトなどに記載されていない場合には、直接宿に確認の電話をしましょう。

次に見て欲しい所は、客室・食事処・ロビー、どこなら移動していいのかを確認しておくことです。宿には犬を連れてきていない、一般のお客さんがいる可能性も。移動しても問題ない場所を知っておくことで、他のお客様とのトラブルを未然に防げます。

記載されていない可能性があるポイント

  • ドッグランの有無
  • 犬のアメニティ
  • 排泄物の処理方法
  • ペットが備品を壊した際
  • 抜け毛の処理方法

宿で過ごす準備を整える

犬と宿に行く前の準備

宿を予約して「さあ、出発だ!」とその前にしっかりとした準備をしましょう。自分の準備だけでなく、愛犬の準備も必ず忘れないでくださいね。慣れない場所で吠えたり、大はしゃぎしないように愛犬の行動をコントロールすることが大切です。

首輪に番号を記載する

普段から、愛犬の首輪に番号を記載している人は問題ありません。具体的な「番号」は飼い主さんの携帯番号や愛犬の登録番号が記載されている首輪など。愛犬がもし迷子になった場合は、この番号が飼い主さんを探す手掛かりになります。この首輪は原則的に、旅行中はずっと付けておくのが鉄則です。

しつけをしっかりとマスターする

旅行中はいつも以上に人との関わりがあるかもしれません。特に観光地などに行くと人込みになるため、しつけが必要になってきます。子犬の時にしつけをしていたが最近はしていないという人は、マスターできるまで練習しましょう。特に「待て」や「お座り」は信号待ちやご飯屋さんなど、あらゆるところで効果的になってきます。

近くの動物病院を確認する

愛犬が突然の病気や怪我をした時に、診てもらえる動物病院をリサーチしておきましょう。動物病院は人間とは違い近場にたくさんあるわけではありません。宿の人から紹介してくれることもあるので、予約の際に確認しておくと万全です。

ごはんの容器やトイレシートを持つ

宿によってはお皿やトイレシートを備えてくれる場所もあるかもしれませんが、普段家で使用しているものを持って行くといいと思います。初めて使う容器やシートだと食べなかったり、排泄をしない可能性があります。

既存のドッグフードを持つ

人間同様に犬にもスペシャルディナーが付いている宿があるかもしれません。しかし、既存のドッグフードと宿が提供するフードは違う可能性も。犬がフードを変える際は、10日くらいかけて胃腸を段々と慣れさせていくため、いきなり違うフードを与えるとお腹を下すこともあります。

もしスペシャルディナーを与えたい場合は、予約をする際に事情を説明し、チェックインと同時に既存のフードを渡して作ってもらうことをおすすめします。

その他準備しておくといいもの

  • クレート
  • タオル・毛布
  • 消臭スプレー

犬の託児所

ペットショップ

ペットホテルの他にも、ペットショップやトリミングサロン、掛かりつけの動物病院でも一時的なペット預かりサービスを実施しているところもあります。さらに、羽田空港や成田空港でも同様のサービスを受けられます。飛行機を使用しない場合は、通いなれたトリミングサロンがいいかもしれませんね。そのため、サロンを選ぶ際はペットホテルも兼用しているところを選ぶことをおすすめします。

値段は犬の大きさにバラつきがあるため、値段が変わるところが多いようです。1泊あたりの目安で、小型犬が3,000円、中型犬は4,000円、大型犬で5,000円、超大型犬になると6,000円。ペットショップやサロン、動物病院によって値段が前後するため事前に確認しましょう。

運営者ポンタ君
愛犬 ポンタ
日帰りの旅行でも預けられるのはありがたいだわんっ!

動物病院の場合

動物病院にホテルが併設されている一番のメリットは、体調不良などが起きた場合すぐに獣医師さんに診てもらえる点です。その病院が普段から通っている所だったら、愛犬のことを十分理解しているので、安心して預けることができます。

しかし獣医師さんやスタッフの方々は、本職は犬のお世話ではなく治療であるため、散歩や構ってあげる時間が少ない可能性も。動物病院は本来、疾患がある犬が訪れる場所なので、身体に異常がない場合はトリミングサロンやペットショップに預けることをおすすめします。

トリミングサロンの場合

トリミングサロンに併設されているホテルは、ゲージの大きさが選べたり、十分な時間散歩に連れて行ってくれたりと預ける条件を選べることが多い傾向にあります。いつも通っているトリミングサロンなら愛犬も落ち着くのでいいかもしれませんが、初めてのところで預けるのはなるべく控えた方がいいかもしれません。

デメリットは動物病院と違い、体調に異変が合った場合にすぐに対応できないところです。

ペットショップの場合

ペットショップに預ける場合は、「個室タイプ」と「マンションタイプ」を選べることがあります。動物病院やトリミングサロンに比べてお値段が高くなることがほとんどで、散歩も別料金になる可能性があります。

預ける場合の注意点

  • 生後6ヵ月以上経っているか
  • しっかりとワクチンを打っているか
  • よく噛みつく・吠えてばかりいる犬は預かれないかも(※場所によります)

親戚やお友達に預ける

親族や友達に預ける時

1泊くらいの旅行なら親戚や友達に預ける方法もあります。しかし、これは正直リスクがあると考えます。特に犬を今まで飼ったことがない人に預ける行為は絶対にNG。飼っていた経験がある人でも、事前に準備や話し合いをしておく必要があります。

事前の話し合い

犬にも性格があるため、自分の家でノンストレスで過ごせていても、違う環境になると相当なストレスがかかる生き物。愛犬の性格やご飯の与え方などをなるべく細かく伝えましょう。旅行に行く何日か前に、預ける人と触れ合う機会を設けると尚いいです。

さらに犬アレルギーや噛まれた経験があるなどのトラウマがある人もいるため、慎重に預ける人を探しましょう。

必要なものは全て持参する

愛犬に必要なトイレシートやドッグフード、首輪、リード、お気に入りのタオル、おもちゃなどは持参しましょう。少しでも愛犬が慣れ親しんだものを与えることで、気持ちを和らげてくれるかもしれません。

旅行中の連絡

飼い主さんの連絡

1泊の旅行でも半日に1回くらいのペースで連絡を取るようにしましょう。犬の現状を把握することも飼い主としての責任です。

もし愛犬の体調が優れない時は対処方法をしっかりと伝え、預かってくれている人の負担が最小限になるようにしてください。

まとめ

経費を安く抑えたい人は、友達や親族にまず立ち会ってみましょう。犬の健康状態や知識が豊富な人に預けたい人は、ペットショップや動物病院がおすすめです。

人に預けることが不安な人は、愛犬も立派な家族なので一緒に泊まれる宿で楽しい時間を共に過ごすのがベスト。人によって考え方は様々ですので、愛犬の性格にあった選択を選びましょう。

愛犬のためにベストなドッグフードを選びましょう
チワワ

「犬が食べればドッグフードはなんでもいい」と考えている飼い主さんはいませんか?そんな人はドッグフードのタイプや成分、原材料にこだわってあげてください。

これから一緒に歩む数年間を、犬にとっても飼い主さんにとってもより良いものにするために、ドッグフード選びはとても重要なことです。

おすすめのドッグフード
このこのごはん
このこのごはん公式

おすすめ度: ★★★★★

九州産の鶏ささみを使用することにより低カロリーです。全ライフステージに対応しているのですべての犬におすすめできます。

UMAKA
うまか

おすすめ度: ★★★★★

福岡県の老舗料亭博多華味鳥として有名なトリゼンフーズから出された、プレミアムドッグフードです。

カナガン
カナガン
                 

おすすめ度: ★★★★

獣医師の81%が推奨しているドッグフードで、イギリスで高い評価を受けている工場で製造しています。

>愛犬に合ったドッグフードを選びましょう

愛犬に合ったドッグフードを選びましょう

犬を飼いはじめた人やどこのドッグフードにするか迷っているあなたに、おすすめの商品を紹介します!

CTR IMG