子犬向けドッグフード

子犬におすすめのドッグフードランキングTOP5

子犬のドッグフード

子犬を迎える時に、気を付けたいのがドッグフード選びです。

子犬のうちに食べるフードは、その後の成長に影響するので、ベストなものを選ぶことが大切です。

しかし、子犬用のドッグフードは種類がたくさんありすぎて、何を選んでいいかわからないという人も多いですよね。

「犬種によって変えるの?」「ドッグフードなら何でも大丈夫?」こんな疑問を持つ人に、子犬におすすめドッグフードをランキング形式でご紹介します。

\子犬向けランキングはこちらから/

子犬向けドッグフードの選び方

5大栄養素

タンパク質を多く含むフードを選ぼう

犬の成長期は、骨や筋肉、消化器官、免疫機能がものすごい速さで成長していきます。初めての世界を経験するので色々なことに興味を持ち、自然と運動量が増え、エネルギーの消費量が多くなります。

犬の成長で、特に意識していただきたいのがドッグフードに含まれているタンパク質。タンパク質は、犬の血液や骨、筋肉、皮膚・被毛、内臓等の健康を維持するために欠かせない栄養素です。

タンパク質の中には、動物性タンパク質植物性タンパク質が存在しますが、動物性タンパク質を主原料とするドッグフードが多いです。AAFCO(米国飼料検査官協会)は、成長期の子犬に必要なタンパク質の最小必要量を1日22.5%としています。ドッグフードを選ぶ際には、タンパク質が最低22.5%以上のフードを選んであげるといいでしょう。

脂質、ビタミン、ミネラルにも注目

犬はタンパク質だけ摂取していれば、健康に生活できるわけではありません。タンパク質の他に脂質、ビタミン、ミネラルもバランスよく摂取する必要があります。脂質は、身体の維持やエネルギー源になる他、血液・ホルモンの構成成分になります。ビタミンやミネラルは、身体の中から健康を維持し、皮膚・被毛、免疫機能向上、新陳代謝を助ける効果があります。

AAFCOが定める成長期の最低基準

  • タンパク質:22.5%以上
  • 脂質:8.5%以上
  • ミネラル(灰分):1.2~2%
  • ビタミン:10%以下

添加物が使用されていないフードを選ぼう

添加物は子犬のドッグフードに限ったことではありませんが、いい成分とは言い難いです。特に酸化防止剤や着色料などは嘔吐や体調不良の原因になるため、添加物が含まれていないフードを選びましょう。

ミックストコフェロールやクエン酸などは自然由来の酸化防止剤なので、入っていても問題ありません。

子犬に選ぶドッグフードのポイント

  • タンパク質を多く含む
  • バランスの取れた栄養素が含まれている
  • 添加物が使用されていない

フードの与え方

フードの与え方

与える時の注意点

子犬が1日に必要な給餌量は消化器官が未発達なこともあり、1日1~2回で与えると消化不良を起こす原因になります。フードを与える場合は、生後半年までは1日3~4回に分けて与えることを意識してください。半年を超えてからは段々と回数を減らし、フードの量を増やしてあげてください。

※ドッグフードによって給与量や与え方は異なるので、注意してください。

歯が形成していなければふやかす

2ヵ月経つまでは離乳期なので、幼犬用のドッグフードをぬるま湯でふやかしてから与えることをおすすめします。ぬるま湯でふやかし、冷ましてから愛犬に与えてあげてください。2ヵ月を過ぎてからは、水分量を徐々に減らしていくと完全に固形のドライフードを食べられるようになります。

子犬向けドッグフードのランキング

  • UMAKA
    4.53
    ウマカ

    UMAKAは、福岡県の老舗料亭が開発した国産プレミアムドッグフードです。

    原材料に使われている華味鶏は、自然豊かな佐賀県の養鶏場で育てられており、セレンやビタミン、ミネラルを多く含む高タンパク質・低脂質な鶏です。

    通常価格¥4,980(税抜)/1.5kg
    定期便価格¥2,980(税抜)/1.5kg
    タンパク質24.5%以上
    脂質11.5%
    灰分(ミネラル)7.0%以下
    エネルギー345kcal/100g
  • ナチュロル
    4.51
    ナチュロル

    ナチュロルは、犬の胃腸を考えて、食材を低温フレッシュ製法で加工しています。食材は高温で処理することで栄養素や乳酸菌が失われてしまう可能性も。独自の製法を使用することで、タンパク質やDHA、乳酸菌を損なわず、犬の健康を体内からサポートしています。

    通常価格¥3,000(税抜)/850g
    定期便価格17%off
    タンパク質23~27%以上
    脂質10%以上
    灰分(ミネラル)
    エネルギー400kcal/100g
  • CANAGAN(カナガン)
    4.55
    カナガン

    カナガンは、新鮮な鶏肉や野菜、海藻、ハーブなどをバランス良くブレンドした、ヘルシーで栄養価の高いドッグフード。原材料にヒューマングレード(人間も食べられる食材)素材を使用しています。

    関節のサポートに最適な、コンドロイチンなどが含まれいているのでシニア犬にもおすすめです。

    通常価格¥3,960(税抜)/2kg
    定期便価格最大20%off
    タンパク質33%
    脂質17%
    灰分(ミネラル)9%
    エネルギー361kcal/100g
  • Mog Wan(モグワン)
    4.54
    モグワン

    モグワンは、チキンや魚を原材料の50%以上使用している、高タンパクなドッグフードです。

    使用されている原材料は、全てヒューマングレード食材。おうちごはんをイメージしてシンプルに作られているので、トッピングをして楽しむのもおすすめです。

    通常価格¥3,960(税抜)/1.8kg
    定期便価格最大20%off
    タンパク質28%
    脂質12%
    灰分(ミネラル)8%
    エネルギー344kcal/100g
  • レオ&レア
    4.45
    レオ&レア

    レオ&レアは、愛犬の情報をマイカルテに入力することで、最適なドッグフードを提供してくれます。

    全ライフステージに対応しているので、栄養素などがわからない方にも、安心して与えることができるドッグフードです。

    通常価格¥2,450(税抜)/800g
    定期便価格
    タンパク質25.0%
    脂質9.0%
    灰分(ミネラル)6.5%
    エネルギー354kcal/100g

まとめ

初めてのドッグフードで、食べてくれるのか心配な方も多いと思います。

そんな時は、2~3種類のドッグフードを用意しましょう。いくつかフードを変えて、愛犬に合ったものを選んであげてください。

なかなか食が進まない場合は、犬用のミルクを与えるのも一つの方法です。

愛犬のためにベストなドッグフードを選びましょう
チワワ

「犬が食べればドッグフードはなんでもいい」と考えている飼い主さんはいませんか?そんな人はドッグフードのタイプや成分、原材料にこだわってあげてください。

これから一緒に歩む数年間を、犬にとっても飼い主さんにとってもより良いものにするために、ドッグフード選びはとても重要なことです。

おすすめのドッグフード
このこのごはん
このこのごはん公式

おすすめ度: ★★★★★

九州産の鶏ささみを使用することにより低カロリーです。全ライフステージに対応しているのですべての犬におすすめできます。

UMAKA
うまか

おすすめ度: ★★★★★

福岡県の老舗料亭博多華味鳥として有名なトリゼンフーズから出された、プレミアムドッグフードです。

カナガン
カナガン
                 

おすすめ度: ★★★★

獣医師の81%が推奨しているドッグフードで、イギリスで高い評価を受けている工場で製造しています。

>愛犬に合ったドッグフードを選びましょう

愛犬に合ったドッグフードを選びましょう

犬を飼いはじめた人やどこのドッグフードにするか迷っているあなたに、おすすめの商品を紹介します!

CTR IMG